土地の売却の注意点

土地の今の状態も価格を算出する上で大きな影響を受ける場合がもあります。売却後に使用することができない建物がそのままになっていたりしますと購入者は取り壊しをする余分な費用が掛かります。
なので土地だけの物件と比較されると厳密にいえば取り壊し費用分を引かないと同じ評価はできないという事になります。
さらに建物が残っていた際の取り壊しにかかる費用よりは重要視されませんが、現在の状態が駐車場の場合でも購入者は砂利を撤去する費用等が必要になります。
可能な限り更地が好まれますが、更地であっても長い間更地で定期的に草刈をしていた時など刈った草などをそのまま放置している時があります。そうしますと何年草の層ができてしまい住宅を建築する際草の層を除去しないとならない場合があります。購入者は様々な事を心配し金額に影響を受ける時もありますので注意してください。

住宅用地であれば必ず南向きが一番評価が高いです。しかし店舗用地に関しては間違いなく南向きや東南角地が好まれるとは限りません。50坪程度の店舗用地で食品を扱う場合なら日当たりが良い場所だと店内の温度が上がってしまい空調などにコストがかかります。できるだけ日当たりが良くない向きを好む場合が多いです。
さらに道路の規定も非常に大切です。現状で完全にアスファルトにて舗装されている自動車も走行する道路であっても建築基準法では道路とは見なされないとしている道もあります。そのような道路に面している場合は高い確率で建物が建築できないのです。そうなりますと土地の活用方法がとても制限されますので評価はぐっと下がることがあります。
そして土地に隣接している道が県の
所有物でなく個人の所有の場合も考えられます。

土地売却おすすめサイトはこちら

土地の売却や活用や査定のススメです 土地・不動産・売却・戸建・マンションについて

CORESV 相互リンクSEO-P-Link ver3.5Darkkhaki 相互リンクSeo-P-Link ver3.4Seo-P-link ディレクトリ